注意すること

勇気出して視力矯正の手術を受けた後は、幾つか注意しないといけないことがあります。
女性であれば、メイクです。メイクすることは、目の周りも触るということになります。しかし、視力矯正の手術を受けた直後はまだ目が敏感な状態となっているので当日にメイクすることはできません。
ですが、翌日からは目の周り以外のメイクを行なうことはできます。アイメイクに関しては、三日後から行なうことはできますが術後の一週間は控えたほうが良いと言われています。
仕事に関しては、視力矯正の手術は翌日検診がありますので、それが終わってからなら可能です。しかし、野外での仕事が術後の三日後からになります。ですが、職種によって仕事していいのかが変わりますので、担当医師に相談してから仕事へ行くタイミングを決めたほうがいいでしょう。
それに、術後の経過によっては夜間では見えにくくなってしまうこともありますので、状態が安定するまでは外出を控えたり、車の運転を控えたりしたほうがいいでしょう。

それに、視力矯正の手術を受けた後は暫くサングラスや眼帯を使用したほうがいいです。サングラスは、手術後に帰宅する際は必要です。それに、外に出て風が目に当たってしまうと乾燥してしまいますし、瞬きすることでフラップ部分にしわが発生してしまうことがあります。ですから、翌日検診を受診するまでは必ず保護する為にサングラスを使用したほうがいいでしょう。
眼帯は、睡眠中に無意識で目を擦ってしまうことがあります。そうなれば、フラップ部分がずれてしまう可能性が高いので保護する為に眼帯を使用することになります。
目はとてもデリケートな部分ですから、こういった注意事項に関しては事前に知っておいたほうがいいでしょう。